本文へスキップ

区民の視点で情報発信 ASAO Kumin Reporters

取材記事article

多色刷り木版画 紙をめくる瞬間の感動

木版画あさお


 下絵を版木に転写して彫刻刀で彫り、絵具をのせ、バレンで和紙に摺る。何色も摺り終えて、紙をめくる瞬間の感動で版画のとりこになる。

 「木版画あさお」は、発足して26年。月1回の活動日には、家で制作した作品を持ち寄る。題材はさまざまで、写真、風景、人物、静物など身近なものが多い。

 指導者の日下先生に見てもらい、仲間で批評しあう。「もっと、図案化したほうがよいね~」「質感がよく出ているね」。その場で、下絵を描いたり、彫ったり、摺ったりする人もいて、自分のペースで制作できる楽しい教室だ。

 版画は「色の重なりで、いろいろな色がでる」「同じ版木で摺り色を変えると、違った味の作品になる」など、人それぞれが感じる魅力がたくさんあると、代表の沼尻さんは話す。

 「絵が上手でなくてもすばらしい版画は作れます。絵を単純化し、色や形への感覚があり、根気があれば、誰でもやれますよ」と、実習の見学を勧めた。

木版画あさお
作品を持ち寄って、先生のアドバイスを聞く

木版画あさお
「木版画あさお」作品展
(麻生市民ギャラリー 2015.3)
 
  2016-02-15
木版画あさお
代 表:沼尻(ぬまじり)明子(あきこ)
連絡先:Tel.044-988-2940
    nu9a-nmjr@asahi-net.or.jp
設 立:1989年4月
会 員:14名(男性6名・女性8名)
入会金:1000円
会 費:2000円/月
活動日:月1回 原則第2火曜
    13時30分~15時30分
活動場所:麻生市民館実習室
取材・文 石﨑純也
[一覧表に戻る]

あさお区民記者

〒215-0021
川崎市麻生区上麻生1-11-5

TEL 044-951-6321

copyright©2015 ASAO Kumin Reporters all rights reserved.