本文へスキップ

区民の視点で情報発信 ASAO Kumin Reporters

取材記事article

糸と針で作り上げる布のおもちゃ

ぐるーぷ・もこもこ


 1979年、野口光世さんを中心に、手芸好きな主婦が集まってできたボランティアグループ。30数年間独自の布絵本、布おもちゃを手作りし、養護学校や支援学校、図書館などを通じて心身に障がいのある子どもたちに作品をおくり続けてきた。

 作品はフエルトや木綿の生地でつくり、子どもがくわえたり、投げたり、触ったりしても安全。なにより布独特の柔らかい感触と鮮やかな色彩は見る人を引き付ける。最近は作品を使って人形劇を上演したり、作り方の講習会を開いたり、貸し出しを行うなど活動を広げている。子育てフェスタや福祉祭りで作品を手にとれる。

 東日本大震災の翌年から被災地や高齢者施設にも作品をおくっている。その活動は、玩具福祉学会やJBBY(日本国際児童図書評議会)などから高く評価され、特に布絵本「おでかけブー」は永久保存図書として国会図書館に納めたほか、2015年にIBBY(国際児童図書評議会)の推薦図書に選ばれ、作品が世界をまわっている。

 さらに使う人たちの要望に応えるべく、例えば音のでる工夫など改良に大忙しだ。

ぐるーぷ・もこもこ
温かく優しい布おもちゃの数々

ぐるーぷ・もこもこ
国際的な評価を得た布絵本「おでかけブー」
 
  2016-02-15
ぐるーぷ・もこもこ
代 表:水原(みずはら)元子(もとこ)
連絡先:Tel.044-966-9365
   mail@group-mokomoko.org
設 立:1979年7月26日
会 員:60名(女性のみ)
会 費:1200円/年
活動日時:毎週月曜 10~15時
活動場所:福祉パルあさお
     都合により曜日と場所の変更あり
URL http://www.bf-ehon.net/nunonoehon/
取材・文 中島久幸
[一覧表に戻る]

あさお区民記者

〒215-0021
川崎市麻生区上麻生1-11-5

TEL 044-951-6321

copyright©2015 ASAO Kumin Reporters all rights reserved.