本文へスキップ

区民の視点で情報発信 ASAO Kumin Reporters

取材記事article

踊って笑って どじょうすくいで健康

健康どじょうすくい踊りの会


「〽おやじどこへ行く 腰に籠下げて 前の小川へどじょう取りに」島根県の安来節どじょうすくい唄。野良着姿に手ぬぐいをかぶり、1文銭を鼻当てにした男が、ザルと足を使ってどじょうをすくう。踊る仕草がユーモラスで笑いを誘う。

健康づくりにもなると、2011年7月に「健康どじょうすくい踊りの会」が発足した。歩く基本から練習するが、低い姿勢で踊るので、太もも、ふくらはぎ、おしり、背中の筋力強化になる。練習は笑いが絶えない。
 それから4年が経った。その間、麻生区民まつりをはじめ地域イベントや福祉ボランティアなどへも積極的に参加してきた。

 特に2015年に入り、麻生区多文化共生事業である「インタナショナルフェスタ2015」にも参加し、4月にはテレビ東京のレギュラー番組「主治医が見つかる診療所」で、転倒や認知症予防効果があると詳しく全国に紹介された。放送後は入会希望者が多く、新たに2つ目の講座を開設することになっており、区内では超人気の会になっている。

健康どじょうすくい踊りの会
足腰を丈夫にし、認知症予防効果もある踊り」と
全国に放映された(テレビ東京:2015.4.20)

健康どじょうすくい踊りの会
お祭りの踊りも披露し、大勢の観客から、
やんやの喝采
(インタナショナルフェスタ2015”fromあさお”)
 
  2016-02-15
健康どじょうすくい踊りの会
会 長:森(もり)一郎(いちろう)
    Tel.044-955-8778
連絡先:三浦(みうら)清市(せいいち)(師範)
    Tel.044-986-9686
    sei37j8@ksh.biglobe.ne.jp
設 立:2011年7月
会 員:15名(男性9名・女性6名)
定員20名程度 随時募集中
会 費:2500円/月
活動日:第2・第4月曜
    17時30分~19時
活動場所:麻生市民交流館やまゆり
取材・文 石﨑純也
[一覧表に戻る]

あさお区民記者

〒215-0021
川崎市麻生区上麻生1-11-5

TEL 044-951-6321

copyright©2015 ASAO Kumin Reporters all rights reserved.