本文へスキップ

区民の視点で情報発信 ASAO Kumin Reporters

取材記事article

世界でたった一枚の絵はがきを

麻生絵手紙を描く会


毎月1回、区内の公共施設で開かれる絵手紙教室。

季節ごとにテーマを決めて、葉書サイズ100×148mmの小さなキャンパスに描いていく。

3月のテーマは「ひな祭り」。雛人形や桃の花、雛あられに桜餅など、会員は思い思いに自分が描きたいモチーフを持ち寄り、絵手紙作りにとりかかる。
 
講師の橘川芳恵氏は、全国の絵手紙コンクールで多くの賞を受賞し「絵手紙」の本も出版。東京都内・神奈川県内各所での絵手紙教室で講師をされている。十数年前、郵便局で開催された絵手紙講座に参加したメンバーが、麻生区でも橘川氏の指導を受けられるようにとこの会を設立した。

月に1回というゆるやかなペースで続けられている活動。久しぶりに会う人と和やかにお喋りをしながら、または目の前の素材を一心に見つめながら、それぞれの進め方で描いていく。

同じ素材でも配置の仕方、構図の取り方は一人ひとり異なり、色使いはまさに十人十色。「なによりも、楽しく描くことが大切」という講師の言葉に背中を押され、伸びやかに筆をはしらせていく。

作品はどれも唯一無二。教室には一足先に春が来たようだった。

麻生絵手紙を描く会
描き上がった絵はがきを互いに見せ合うのもまた楽しいひととき
麻生絵手紙を描く会
あたたかい作品揃い
 
  2019-04-15
麻生絵手紙を描く会
代 表:森田 節子(もりたせつこ)
講 師:橘川 芳恵(きつかわよしえ)
連絡先:Tel.044-965-2208
設 立:2000年4月
会 員:女性25名
入会金:1000円
会 費:1000円/月(半年分まとめて徴収)
活動日:毎月第4水曜 13時30分~15時30分
活動場所:麻生区内の公共施設

取材・文 佐々木直子
[一覧表に戻る]

あさお区民記者

〒215-0021
川崎市麻生区上麻生1-11-5

TEL 044-951-6321

copyright©2015 ASAO Kumin Reporters all rights reserved.