本文へスキップ

区民の視点で情報発信 ASAO Kumin Reporters

取材記事article

身振り手振りからはじめてみよう

手話サークル 槇の会


 街角で手話を見て、聴覚障害の方と気づいても、手話ができる人は少ないので、声をかけるには、かなり緊張する。ところが、取材の場で勧められ、初体験の筆者が自己紹介を試みたが、身振り手振りでも、なんとか通じた。先ずは試してほしい。

 手話の学習は初級と中・上級にわかれる。聴覚障害の方が講師をつとめ、手話通訳がつくので初心者でも安心だ。この日は、初級者は食べ物の表現を学んだ。「もりそば」と「ざるそば」など、微妙なニュアンスの違いまで手話で伝えていく。意外な技法にはドット歓声があがる。中・上級者は会話の練習。手話の単語の表現だけでなく、表情や視線、身体の動かし方も大切とのこと。会話の中にはパソコンの専門用語が多いので、手話の知識もかなりのものと感じた。

 「会の趣旨はサポートではない。手話の勉強とコミュニケーションを通して、お互いの理解を深め合う場である」という代表の言葉が胸をうった。会の抱負は、誰でも手話ができる社会の実現とのこと。


手話サークル 槇の会
「アイ・ラブ・ユー」の手話で笑顔がいっぱい

手話サークル 槇の会
手話ひとつにも熱意がこもる

  [取材後記へ]
  2019-04-19
手話サークル 槇の会
代 表:能登勝(のとまさる)
連絡先:Tel.044-955-3422
設 立:1984年11月
会員数:34名(男性4名、女性30名)
      (聴覚障害者3名含)
会 費:3000円/年
活動日:月曜10時~12時
活動場所:川崎市北部リハビリテーションセンター

取材・文 中島久幸
[一覧表に戻る]

あさお区民記者

〒215-0021
川崎市麻生区上麻生1-11-5

TEL 044-951-6321

copyright©2015 ASAO Kumin Reporters all rights reserved.