本文へスキップ

区民の視点で情報発信 ASAO Kumin Reporters

取材記事article

古武道を通して心を鍛えよう

無外流居合兵道 丹新会


 形(かた)を教える先生の声が稽古場に響きわたる。刀が空気を斬るシュッという音が小気味いい。丹新会の新百合ケ丘道場を取材した。会で学ぶ無外流居合兵道は、1693年(元禄6年)に流祖辻月旦(つじげったん)が興した。

 練習は独りで行う基本と形の稽古と、2人で対峙し間合いと体捌き(たいさばき)を学ぶ組太刀だ。まずは先生が手本をみせ、一斉に刀をふるう。鯉口を切って抜刀し、突いて斬るまでの前半は、体捌きと刀の動きが素早い。斬って刀を鞘に納めるまでは速いが、後半の残心(ざんしん)はユックリなのが印象に残った。息づかいが荒くなり、取材当日は肌寒かったが、ひと休みごとに額の汗を拭う。模造刀や木刀を使うが、距離を十分とって安全第一なので安心していい。初心者用にはウレタン樹脂を巻いた柔らかな木刀を貸してくれる。

 3ケ月から半年通えば恰好がつくという。意欲が上達の秘訣とのこと。審査は昇級が適時、昇段が年1回。級段ごとの国際大会(3段で優勝経験あり)もあるので励みになる。

 揃えるものは稽古着、袴、下帯、膝パット、模造刀に木刀。健康維持や武道好き、日本刀好きからはじめる人が多いが、初心者大歓迎、気軽に訪ねてほしい。


無外流居合兵道 丹新会
右足は真後ろに引き、刀は水平に構え、このあと斬り下ろす。一連の動作が素早い
無外流居合兵道 丹新会
威儀を正して刀は右に(前列中央右から4人目が代表の石川さん、左が先生の横山さん)
 
  2021-12-01
無外流居合兵道 丹新会
代 表:石川泰三
連絡先:.090-1467-9353(横山 勉)
設 立:2008年10月
会 員:90名(男性:75名、女性15名)
10歳~80歳代、無級~7段
入会金:1500円
会 費:5000円/月
活動日:毎週日曜 9:00~12:00
場 所:麻生スポーツセンター 武道室、
       麻生市民館 体育室
H P:http://www.tanshin-kai.sakura.ne.jp/

取材・文 中島久幸
[一覧表に戻る]
 

あさお区民記者

〒215-0021
川崎市麻生区上麻生1-11-5

TEL 044-951-6321

copyright©2015 ASAO Kumin Reporters all rights reserved.