本文へスキップ

区民の視点で情報発信 ASAO Kumin Reporters

取材記事article

突撃レポート

はるひ野里山学校


 はるひ野里山学校(以下「里山学校」と表記)は、はるひ野、黒川地区の里山環境を保全し次代へ継承したいという思いから、はるひ野駅前の黒川谷ツ公園(くろかわやつこうえん)で16年間活動しているグループだ。公園内の動植物の調査・観察、紹介やイベント開催、さらに、枝払い、笹刈り、園内点検や清掃のほか、地域の小学生への学習支援なども行っている。

 里山学校の貴重な活動成果の一つに2009年4月~2020年3月の11年間、公園内の動植物の生息状況を調査した「黒川谷ツ公園 生き物調査記録」がある(現在は入手不可)。1,300種類の生物が確認され、生態系の変化やアメリカザリガニの駆除の効果として、カエルの卵塊が39から210に増えたことなどが明らかになった。2020年これらの活動が評価され「川崎市環境功労者」に選出、表彰された。

 会員には、黒川谷ツ公園が気に入り夫妻で会員になった人、植物のことが誰よりも詳しい女性、100種類以上の昆虫の名前を見つけた「博士君」な小学生などもいる。

 黒川谷ツ公園は閉鎖公園で、動植物の保護と環境の保全のために開放日以外は入園できない。開放日時は月に3~4日、9時30分~15時なので、詳細はHPで確認を。

 暖かな天気に恵まれた取材日は、一人でやってきた学生らしい男性、何組もの親子連れがコロナを気にすることもなく、のんびりと寛いでいた。

 なお、里山学校では会員を募集している。半日のボランティア体験も可能なので、公園開放日にぜひ参加を、とのことだ。


はるひ野里山学校
ポスターは「こんなグループです。会員募集しています」

はるひ野里山学校
「自然にふれて家族で楽しめます。右端は里山学校会員」
 
  2022-4-1
はるひ野里山学校
代 表:原 栄一
連絡先:080-7961-1433
    e-mail haruhinosatoyamagakko@gmal.com
HP   https;//haruhinosatoyama.jimdo.com/ 
設 立:2006年4月
会員数:22名(男性14名 女性8名)
会 費:1200円(1家族当たり/年間)
活動日:公園開放日(=詳細はHPで確認を)
場 所:黒川谷ツ公園

取材・文 仲原照男
[一覧表に戻る]
 

あさお区民記者

〒215-0021
川崎市麻生区上麻生1-11-5

TEL 044-951-6321

copyright©2015 ASAO Kumin Reporters all rights reserved.