本文へスキップ

区民の視点で情報発信 ASAO Kumin Reporters

あさおふれんずasao friends

日本の美を装う

きものを美しく着る会


 〝自分で着物を着る、人に着せてあげる〟を目指して励んでいる会を取材した。色とりどりの和服で会場は華やいでいた。

 講師は宮前区文化協会会員の小林芳子さん。もともと着物が好きで、人にも教えたいと思い資格を取った。自分で着られるようになりたい、着物を着て出かけたい、着物を着せてあげたいと願う人が居る。小林さんは「こんな人は、入学式など、ちょっとしたきっかけからはじめてみませんか?」と呼びかける。練習する着物は浴衣、普段着、訪問着から留袖、振袖まで会員が自由に持ち込み、着物の着方と、その着物に合う帯の結び方などを習う。人によって進み方が違うが、それぞれのペースでお互いにアドバイスし合いながら練習できる。和服はふっくらした人ほど似合うといわれるが、この会では一人一人に合う着方を習えるので安心だ。個人差はあるが、なんとか着られるようになるには3ケ月、着せられるには1年とのこと。

 発表の場はあさおサークル祭。ここでは麻生市民館大ホールのステージショーに出演し、和室で無料の着付け教室を開く。

 母からもらった着物が箪笥に眠っていて、自分で着たい、娘や孫に着せてあげたいと願う人は、是非一度訪ねて欲しい。


きものを美しく着る会
狐の嫁入りをテーマに(あさおサークル祭 2022.6.5)

きものを美しく着る会
それぞれが持ち込んだ着物で教わる
  2023-04-01
きものを美しく着る会
代 表・講師:小林芳子
連絡先:tel.090-5411-8391(小林)
設 立:2003年4月
会 員:30名(男性0名、女性30名)
入会金:なし
会 費:3000円/2回
活動日:月曜日、火曜日各々月2回
    10時から12時
活動場所:麻生市民館 和室

取材・文 中島久幸
[一覧表に戻る]
 

あさお区民記者

〒215-0021
川崎市麻生区上麻生1-11-5

TEL 044-951-6321

copyright©2015 ASAO Kumin Reporters all rights reserved.