本文へスキップ

区民の視点で情報発信 ASAO Kumin Reporters

取材記事article

乳がんの治療と生活をつなぐ地域の支えあい活動

St.Mariannaしんゆりリボンズハウス


「St.Mariannaしんゆりリボンズハウス」は、乳がん患者さんが、住み慣れた場所で、少しでも快適な生活を送れるように、不安と不便に寄り添い、支えあう活動をしている。

たとえば、治療に便利な洋服、脱毛、ウィッグ、爪の変色、歯科治療などデリケートな問題には、ピンクリボンアドバイザー(民間資格)が、医療情報と地域に根ざした生活情報を提供。

迷いと不安を抱えている患者さんには、心を整え治療に向き合えるようピアサポートを行っている。

また、地域の子育て支援センターなどの依頼で、乳がんミニセミナーを出張で開催し、乳がん触診モデルでの体験や検診への呼びかけを行っている。

このセミナーのサブタイトル「救われるべき人にお届けしたい体験者の声」にあるように、副会長の栗橋さんは、乳がん体験者である。たくさんの救われるべき人に向けて『ひとりで困っていないで、お互いに思い合い、支えあいましょう』というメッセージを発信し続けている。「暮らしながら治療を続けるには、知らないこと・困ったことが多すぎて、途方に暮れていた。あの辛い生活を誰にもさせたくない。出会った人みんなを救いたい」と語る栗橋さん。この決意と覚悟が、乳がん治療と日常生活をつなぐ架け橋となる。


St.Mariannaしんゆりリボンズハウス
あさお区民まつりで、検診への呼びかけを行っている。触診モデルでの体験もできる
 
  2019-04-15
St.Mariannaしんゆりリボンズハウス
会 長:福田 護(ふくだまもる)医師
副会長:栗橋 登志(くりはしとし)乳がん体験者
連絡先:Tel.090-3472-4472
   shinyuri.ribbonz@gmail.com
設 立:2011年8月
会 員:18名(男性5名、女性13名)
入会金:なし
会 費:無料
活動内容:患者交流会(毎月第2火曜 13~15時)、イベント年間8回(不定期)
活動場所:聖マリアンナ医科大学、ブレストイメージングセンター
URL:http://shinyuri-ribbonz.com/

取材・文 落合ふみこ
[一覧表に戻る]

あさお区民記者

〒215-0021
川崎市麻生区上麻生1-11-5

TEL 044-951-6321

copyright©2015 ASAO Kumin Reporters all rights reserved.