本文へスキップ

区民の視点で情報発信 ASAO Kumin Reporters

取材記事article

優しく、楽しく ♪ポン・ポン・ポーン♪

新百合・麻生パドルテニス同好会


 コートはバトミントン用を使用し、コート中央に、高サ70cmのネットを張ってテニスの要領でボールを打ち合う。ラケットは専用のカーボン製で板にグリップがある。ボールは硬式テニス用の空気を少し抜いてソフトにして使う。ワンバウンドまでに打ち返せば有効。初心者でも2、3ケ月で打ち合えるとのこと。硬式テニス歴20年の筆者も体験したが、ボールが柔らかいので打球感が腕に優しく、親しみやすく感じた。腰の下で打つアンダーサーブはコツが要る。

 毎年、バーベキューやハイキングなどにもでかける気さくな仲間だ。是非連絡して、一度覗いてみてほしい。
 気さくな仲間が、男女を交えて、手軽にいい汗をかいている。テニスのほかに親睦会も多い。

初心者大歓迎! 

新百合・麻生パドルテニス同好会
ひと汗かいて、心身ともにリフレッシュ

新百合・麻生パドルテニス同好会
ラリーがつづけけばテニスも楽し

 
  2019-04-16
新百合・麻生パドルテニス同好会
代 表:大藤(おおふじ) 達(たつ)幸(ゆき)
連絡先:Tel.090‐4745‐4755(大藤)
設 立:1990年4月
会員数:30名(男性13名、女性17名)
     50~70歳代のシニア層
会 費:5000円/半年
活動日:主に毎週火曜日(抽選次第)
     12時10分~15時20分
活動場所:主に麻生スポーツセンター

取材・文 中島久幸
[一覧表に戻る]

あさお区民記者

〒215-0021
川崎市麻生区上麻生1-11-5

TEL 044-951-6321

copyright©2015 ASAO Kumin Reporters all rights reserved.