本文へスキップ

区民の視点で情報発信 ASAO Kumin Reporters

取材記事article

歌声で心と心をつなげる

麻生童謡をうたう会


 「日本の童謡や唱歌を次世代に残したい」とスタートして26年、団員は女性ばかり50名の女声合唱団である。

1995年に市の代表として、姉妹都市オーストリア・ザルツブルグで行われた「ジャンパンウイーク・川崎ディ」に参加。以降、ほぼ2年に一度、ハンガリー、スロバキア、韓国、インド、ロシア、ブラジルなど海外へ出向き、日本の童謡を歌ってきた。

交流の内容について、2代目の会長の菅原敬子さんは「童謡は日本人の心そのもの、訪問する国の言葉で日本の童謡を紹介し、その国の子どもたちの歌を歌い親交を深めています。言葉が通じなくても、観客の笑顔を見れば、私たちの思いが伝わったかどうかすぐ分かります。」と語る。

麻生区では、麻生音楽祭、麻生合唱フェスタ、麻生サークル祭、七草粥の会などイベントに毎年出演するだけでなく、童謡は心の癒しになると、区内の障害者や老人施設、聖マリアンナ医科大学病院にも歌声を届けている。

「歌声で心と心をつなげる」喜びを味わいたい方、歴史のある同会は歌唱力のあるメンバーを募集中。


麻生童謡をうたう会
2015年ライオンズクラブ杯優勝!
 
  2019-04-15
麻生童謡をうたう会
代 表
菅原(すがわら)敬子(けいこ)
連絡先
Tel.044-988-5032 Tel.090-4814-2151
設 立
1992年12月
会 員
女性50名
入会金
1000円
会 費
2000円/年
活動日
毎月土曜に定例会
活動場所
さくらスタジオ(第1・第3)柿生小学校(第2・第4)

取材・文 植木昌昭
[一覧表に戻る]
 

あさお区民記者

〒215-0021
川崎市麻生区上麻生1-11-5

TEL 044-951-6321

copyright©2015 ASAO Kumin Reporters all rights reserved.