本文へスキップ

区民の視点で情報発信 ASAO Kumin Reporters

取材記事article

図書館のこと、一緒に考えよう

川崎の図書館ともの会


 図書館のことをもっと知ろう。地域に欠かせない大事な存在として、そのあり方を一緒に考えていこう。そう呼びかけているのは「川崎の図書館ともの会」だ。

 2004年、川崎市立図書館に外部委託のスタッフが入ったのをきっかけに、麻生図書館で読み聞かせをしていたグループの有志が呼びかけて、麻生区、多摩区を中心に結成した。いま、各地の公立図書館では業務の外部委託、さらに指定管理者の導入もはじまって、これまでとは違う形も出てきている。そうした変化を注意深く見据え、図書館本来の機能が損なわれないよう、利用者としてどうあってほしいかをあらためて考えようという集まりだ。

 月1回の定例会、年2回の機関紙発行が現在の活動の柱。現状を広く知ってもらいたいと、機関紙は活動報告、論評、提言から本の紹介まで盛りだくさんの内容だ。そのほか、勉強会、各地の図書館見学、映画の上映などにも取り組んできている。以前、麻生図書館との共催で数度にわたって行った「図書館探検ツアー」では、参加者が書庫に入ったり、検索機の利用法の説明を受けたりして図書館の機能や本の探し方を学び、好評を博した。

 地味な地域資料も大切にし、レファレンス(調べもの相談)のプロがいて、地元のつながりの場にもなる「生活とともにある図書館」であってほしいというのが「ともの会」の願い。そのために図書館側や市教委との話し合いも行っている。利用する市民との意見交換の場も持ちたいと会では考えている。

 「身近な存在として、図書館はいろいろな機能を持っているんだ、それは自分たちのものなんだということをもっとわかってもらえれば、と」(堀川万記子さん)

 「川崎のどこでも図書館の話ができるように、ともの会が7つの区に広がっていってほしい」(岡本正子さん)

 知れば知るほど奥が深いのが図書館だという。まずは多くの人に関心を持ってほしい。そんな思いで地道な活動が続いている。

注釈: 民間の指定管理者による図書館運営では、カフェや書店を併設するなどしてイメージを変え、来館者を増やしている例も。だが、そうしたやり方には、選書の偏りや、郷土資料の保存がおろそかになるのではといった懸念が指摘されており、論議となっている。

川崎の図書館ともの会
月1回の定例会で意見交換
(写真提供「ともの会」)
 
  2016-08-01
川崎の図書館ともの会
代 表:堀川(ほりかわ)万記子(まきこ)
連絡先:Tel.044-955-0955
設 立:2004年3月
会 員:30名
会 費:1000円/年
活動日:毎月第1火曜(8月は休み)
活動場所:麻生図書館集会室
取材・文 佐藤次郎
[一覧表に戻る]

あさお区民記者

〒215-0021
川崎市麻生区上麻生1-11-5

TEL 044-951-6321

copyright©2015 ASAO Kumin Reporters all rights reserved.