本文へスキップ

区民の視点で情報発信 ASAO Kumin Reporters

取材記事article

世界でたった一枚の絵はがきを

麻生絵手紙を描く会


 毎月1回、区内の公共施設で開かれる絵手紙教室。季節ごとにテーマを決め、100×148mmのはがきに描いていく。会員はテーマにそったモチーフを持参することもあり、思い思いに作業に取りかかる。

 講師の橘川芳恵氏は、全国の絵手紙コンクールで多くの賞を受賞、「絵手紙」の本も出版されている。東京都内・神奈川県内の各所で絵手紙教室の講師をされている。十数年前、郵便局で開催された絵手紙講座に参加したメンバーが、麻生区でも橘川氏の指導を受けられるようにとこの会を設立した。

 月一回というゆるやかなペースで続けられている活動。久しぶりに会う人と和やかに会話をしながら、目の前の素材を一心に見つめ、それぞれの進め方で描いていく。同じ素材でも配置の仕方、構図の取り方は異なり、色づかいはまさに十人十色。
「下手でも上手でも、楽しく描くことが大切」という絵手紙。講師のその言葉に背中を押され、伸びやかに、素直に筆をはしらせていく。

 できあがった絵手紙は、いずれも個性的でどれもが愛おしい。世界でたったひとつだけの作品だ。

麻生絵手紙を描く会
絵手紙を描く顔彩は、日本画に使われる。
あざやかで澄んだ色合いが美しい

 
  2016-02-15
麻生絵手紙を描く会
代 表:森田(もりた)節子(せつこ)
講 師:橘川(きつかわ)芳恵(よしえ)
連絡先:Tel.044-965-2208(森田)
設 立:2000年4月
会 員:29名(女性のみ)
入会金:1000円
会 費:1000円/月
活動日:毎月第4水曜 13時30分~15時30分
活動場所:麻生区内の公共施設
取材・文 佐々木直子
[一覧表に戻る]

あさお区民記者

〒215-0021
川崎市麻生区上麻生1-11-5

TEL 044-951-6321

copyright©2015 ASAO Kumin Reporters all rights reserved.