本文へスキップ

区民の視点で情報発信 ASAO Kumin Reporters

取材記事article

さあ 楽しい時間のトビラを開こう!

ふれあい・いきいきサロン


 住み慣れた地域で老いも若きも誰もが集い、気軽に触れ合える会が2ケ所で開かれている。1ケ所目は第2金曜に開催。小学唱歌や昭和歌謡などを歌い、輪投げ、ビンゴ、ときには落語やマジックを楽しむ。自分達で創作した言葉遊びのカードゲームは、頭を使うので意外と人気がある。2ケ所目は第4金曜に開催される。こちらはおしゃべりや歌のあと、カレー、ちらし寿司、おかゆなど毎回違った昼食を楽しむ。
 
 地域の自治会長だった鷹取さんが社会福祉協議会から、王禅寺は高齢化率が高いので、サロンを開いて欲しいと言われたのがきっかけでこの会をはじめた。今では、スタッフと参加者で30から40人が集まりにぎやかだ。利用者の入れ替わりはあるが、特別なイベントのとき以外は、若い人の参加がないのが寂しいとのこと。

 利用者をふやすコツを聞いたが、「自分が参加するときに、近所の知り合いを誘って連れ出す。これが一番」。

 一度参加して楽しい時間を過ごし、知り合いになれば、リピーターになる。新しい世界が待っていること請け合い。誘いにのって出かけてみよう。

 鷹取さんに当面の抱負を聞いたが、5年の区切りごとに記念行事を開いてきたので、2年後に20周年記念行事を開きたいとまえむきだ。

ふれあい・いきいきサロン
ちらし寿司にサラダ、吸い物。デザートは羊かん

ふれあい・いきいきサロン
会が創作した、参加者の名前当てビンゴを楽しむ
(新百合ケ丘コミュニティセンターにて)
  [取材後記へ]
  2017-04-01
ふれあい・いきいきサロン
代表者:鷹取(たかとり)順子(じゅんこ)
連絡先:Tel.044-955-4980
設 立:1999年5月
参加者(含スタッフ):30~40名/1回(内男性2~5名)
    年代:60~90歳
参加費:毎回300円(お菓子代、保険料)
活動日・場所:毎月第2金曜10時30分~12時
新百合ケ丘コミュニティセンター
(王禅寺ゆりストア隣)
毎月第4金曜10時30分~13時
王禅寺いこいの家

取材・文 中島久幸
[一覧表に戻る]

あさお区民記者

〒215-0021
川崎市麻生区上麻生1-11-5

TEL 044-951-6321

copyright©2015 ASAO Kumin Reporters all rights reserved.