本文へスキップ

区民の視点で情報発信 ASAO Kumin Reporters

取材記事article

鶴見川は水鳥の宝庫

岡上散歩


 春まだ浅い3月5日、麻生市民館岡上分館主催による「おかがみ散歩」の2回目が開催された。この企画は齋藤透さん(和光大学地域・流域共生フォーラム)による写真と説明を聞きながら、鶴見川流域を散策し、主として水鳥の観察をするものだ。

 定刻に集まった参加者は約10名。希望者は本格的な双眼鏡を借りることもできる。この日は、岡上分館に集合後、齋藤さんなどから簡単な説明を受け、大正橋、古川公園などを経て、川の対岸に渡り再び出発点に戻るというコースだった。

 目にすることができた鳥は、全部で20種類以上。それだけではない。まさかこんな地域に?と驚くような場所に、イタチがいるという。真っ赤なくちばしなの

岡上散歩
こんな感じで、今、目の前にいる鳥を拡大写真とともに親切に説明してくれた。

岡上散歩
カワセミです。
別の日の撮影ですが同じ個体と思われる。
齋藤氏提供
 
  2017-04-01
岡上散歩

取材・文 仲原照男
[一覧表に戻る]

あさお区民記者

〒215-0021
川崎市麻生区上麻生1-11-5

TEL 044-951-6321

copyright©2015 ASAO Kumin Reporters all rights reserved.