本文へスキップ

区民の視点で情報発信 ASAO Kumin Reporters

取材記事article

”DO NOT WORRY SINGOUT LOUD!”

あさおポップスコーラス


 取材のため練習所に訪れる。新曲を練習しますと譜面を渡される。ピアノ伴奏で譜面を見ながら新曲を歌うなど学生以来初だ。西村先生のピアノを囲むように座り発声練習からはじまる。

 ソプラノから5声部、各パートをピアノで弾き、初見で歌いだす。バスのパートまで2、3回各パートを「ドレミ」などで歌う。全員で合わせ、次に歌詞で歌う。記者も2時間、譜面を見ながらバスパートを歌う。必死でついていく。指導は厳しいものではなく「明るく」とか「楽しく」の指示が印象的だ。あっという間に時が過ぎる。こんなに頭を使って集中したのは久しぶり。次第に美しいハーモニーが聞こえるようになる。楽しい。

 あさおポップスコーラスは結成30周年、団員の定着率が高い混声合唱団である。節目に行うコンサート、そのレパートリーの多様さと数に驚く。英語の歌詞や日本語訳詞など全員暗譜である。

 ポップスを合唱することは、アーティストとして、創造性にこだわる氏の挑戦だ。100を超えるレパートリーは独自のアレンジや「耳コピー」による編曲、または氏の作曲である。ポップスを素材にしたとっつきやすさと聴きやすさ、それに歌うことの楽しさ。団員の音域や個性を頭に、歌いやすくもオリジナルの音楽性維持には妥協しない編曲。持ち駒に応じて最強の手を打ってくるプロ中のプロの仕事だ。

 やさしく人懐こい笑顔のお酒と温泉大好き先生と、気さくで面倒見よく美しい歌声のマナ奥様との二人三脚。大家族にも似た合唱団、週一回の練習、出席率は高い。合宿や団員同士のお仲間活動も生まれ、音楽を通して人との交流が盛んである。


あさおポップスコーラス
西村勝行さんは東京芸大出身(声楽科)
現・昭和音大講師(ミュージカルコース)
30周年記念コンサート 
英語の歌をこれだけ暗譜できれば語学力も
アップ!
 
  2017-04-01
あさおポップスコーラス
代 表:西村 マナ
連絡先:Tel.044-966-6986
設 立:1986年
会員数:33名 
活動日:毎週火曜 19~21時
活動場所:麻生市民館視聴覚室ほか

取材・文 景山茂
[一覧表に戻る]

あさお区民記者

〒215-0021
川崎市麻生区上麻生1-11-5

TEL 044-951-6321

copyright©2015 ASAO Kumin Reporters all rights reserved.