本文へスキップ

区民の視点で情報発信 ASAO Kumin Reporters

取材記事article

心と心が響きあうハーモニーを奏でる

ヒューマンハーモニー・オーケストラ


 2017年7月2日(日)に麻生市民館大ホールで開催されたヒューマンハーモニー・オーケストラの第三回定期演奏会は、開演前から長蛇の列。親子連れでも楽しめるように、場内には至るところに花や風船が飾られ、ロビーにはぬいぐるみが置かれ、塗り絵コーナーもあって、大人や子ども達で会場は熱気に包まれていた。オーケストラのテーマ曲ともなっている「自由への翼」は、一般公募によって参加された3歳から上は88歳まで109名の混声合唱団が演奏に合わせて歌声を披露した。演奏曲の合間には、寸劇が挿入されたり、曲の解説がされたりもした。

 2013年秋、何の制約もない自由な雰囲気のオーケストラを作りたいと思われた西平のりこ先生は、音楽教育に熱心な金沢在住の鈴木敬先生にこの思いを話したところ、意気投合。翌月には人と人がお互いに分かり合ってはじめて本当のハーモニーが奏でられる、という意味を込めて「ヒューマンハーモニー・オーケストラ」とネーミングされた。人と人が分かり合ってお互いに心を動かされるには、人に感謝する心と支え合う心が一番大事であることを基本に、4つの力をオーケストラの活動理念とすることにした。それは、(一)感じる力(二)想う力(三)分かり合える力(四)表現する力だ。それから数ヶ月後には、気持ちを同じくしてくれる人が集まって、まず4人からスタートした。その後も、既存のオーケストラにない常識に囚われない自由な雰囲気に共感して続々と団員が集まり、翌年の2015年8月には第一回定期演奏会を麻生市民館大ホールで開くことができた。

 聴きに来る人達も幼児連れだろうが何ら制限はないこともあって、第一回から今年の第三回まで毎回満席となっている。

 団員は現在高校生から高齢者まで47名。技量も初心者からベテランまでさまざまで、入団するのに何のカベもない。

 定期演奏会に向けて、約一年前から練習を行っていて、誰でも自由に見学できる。

 来年の第四回定期演奏会は、麻生市民館大ホールで2018年7月22日(日)に開催されることも決まった。

ヒューマンハーモニー・オーケストラ
来場者が心から楽しみ、感動する演奏ができる
ように、熱のこもった練習が続く

ヒューマンハーモニー・オーケストラ
定期演奏会で全員集合

ヒューマンハーモニー・オーケストラ
音楽監督・名誉指揮者の鈴木敬さん

ヒューマンハーモニー・オーケストラ
総監督の西平のりこさん
 
  2017-07-30
ヒューマンハーモニー・オーケストラ
代 表:西平にしひら のりこ(総監督)
連絡先:Tel.044-987-1766(西平のりこ)
設 立:2014年3月
団員数:47名 指導者:5名
活動日:毎週日曜日(9時~12時)
場 所:麻生小学校プレイルーム
URL:http://humanharmony.jimdo.com
取材・文 上治信義
[一覧表に戻る]

あさお区民記者

〒215-0021
川崎市麻生区上麻生1-11-5

TEL 044-951-6321

copyright©2015 ASAO Kumin Reporters all rights reserved.