本文へスキップ

区民の視点で情報発信 ASAO Kumin Reporters

取材記事article

心にひびく演奏を手にしてみませんか?

ニューリリィアンサンブル


 ジャズが大好きな人々が自ら演奏を楽しむ「ニューリリィアンサンブル」を取材した。新百合(ニューリリィ)生まれでサックス奏者、作曲・編曲家の西村先生が6年前に、埋もれた経験者を発掘しようと会を設立。当初3人からはじめ、習いごとという感覚ではなく自分の楽器を通して楽しむこと、それぞれが新しい縁を作ることを目指す。今では「麻生音楽祭」や「たま音楽祭」、「かわさきJAZZ」に出演し、頼まれれば地域の祭りや学校の行事、施設などにもでかける。

 取材当日は中級クラスで、サックス10人、トランペット2人、ピアノとギターが各1人、もう一人の佐野先生がドラムをたたき、西村先生はiPhoneでベースを担当。ウォーミングアップの「C Jam Blues」ではじまり、「Fly Me to the Moon」ほか5曲を先生の指示で小節を区切って繰り返し練習した。ときに「タッタラッタッタ」と口ずさみ、テンポに切れをつけ、音に強弱をつけると上手に聞こえる個所を伝授。分らないときは個人的に聞きにいく。3時間の練習は途中15分の休憩をはさみ、充実した時間はアッという間に過ぎていった。

 練習終了後のメンバーに聞いたが、経験者と50の手習いでビギナーからはじめた人が半々だった。ときに3つも4つも♯や♭の付いた楽譜を読み、指を合わせるのは疲れるが、ボケ防止にも役立つとのこと。メンバーがストレスを感じることなく楽しめるように毎回自由参加。ときに有志で飲みにいく気さくな会だ。中級クラスのほかビギナークラスもある。気楽に一度訪ねてほしい。またぜひ楽しい演奏を聞きにいってほしい。

ニューリリィアンサンブル
夏祭りで聴衆を魅了
(アカシア自治会主催2017.7)

ニューリリィアンサンブル
熱意で心が一つになる
(ちゅうりん庵にて2018.2)

ニューリリィアンサンブル
本番が終わってホッと一息
  [取材後記へ]
  2018-03-31
ニューリリィアンサンブル
代 表:西村 貴行(にしむら たかゆき)
連絡先:E-mail newlily.group@gmail.com (西村)
設 立:2012年4月
会 員:約30名(男性20名、女性10名)20~70歳代
会 費:2000円/1回
活動日:毎月2回、土曜または日曜、夕方3時間
活動場所:ちゅうりん庵(読売ランド駅北口徒歩3分)
     または昭和音楽大学
URL:http://www.westernstudiovillage.net/

取材・文 中島久幸
[一覧表に戻る]

あさお区民記者

〒215-0021
川崎市麻生区上麻生1-11-5

TEL 044-951-6321

copyright©2015 ASAO Kumin Reporters all rights reserved.