本文へスキップ

区民の視点で情報発信 ASAO Kumin Reporters

取材記事article

ありがとうのことばと笑顔に魅せられて

あさおおもちゃ病院


 大切なオモチャがこわれて悲しむ子どもの姿を目にするのは、親にとっても悲しいものだ。そんなとき、まずは無料で直すおもちゃドクターに連絡を。

 「自分たちが、孫の世代にできることが何かないだろうか」と、子どもとオモチャが大好きなメンバーが集まり、高津区などで活動してきた。4年前「やまゆり」での「ビバ!かがやく子どもたち」に参加し、好評を得たので、麻生区でも定期的に「おもちゃ病院」を開いている。その子にとっては唯一無二のオモチャを直すにあたっては、ネジ1本、ビス1個まで注意を払う。オモチャが動き出すと嬉しいが、それ以上に、ニッコリ笑った子どもの笑顔と、ありがとうのことばが何よりの励みとのこと。

 こわれた部品を揃えるために、事前に連絡することを原則としている。時間内での修理を心掛けているが、預って修理することもある。

 機械には無縁であっても、子ども好きな女性を含む方々へ、会員募集中。直し方を教える仕組みも有る。


あさおおもちゃ病院
大切なおもちゃは直るかな?
大勢の親子が訪れ、大盛況だ!

あさおおもちゃ病院
やさしく頼りになるおもちゃドクターが
待っている
 
  2019-04-15
あさおおもちゃ病院
代 表:丸岡 慎(まゆおかしん)
連絡先:Tel.090-3224-2817
設 立:2014年10月
会 員:男性10名 50~70歳代 60歳代が主体
入会金:1000円
会 費:3000円/年 修理費は無料
    (原則予約制、2日前まで)
活動日:毎月 第1水曜
活動場所:麻生市民交流館やまゆり

取材・文 中島久幸
[一覧表に戻る]

あさお区民記者

〒215-0021
川崎市麻生区上麻生1-11-5

TEL 044-951-6321

copyright©2015 ASAO Kumin Reporters all rights reserved.