本文へスキップ

区民の視点で情報発信 ASAO Kumin Reporters

取材記事article

雨ニモマケズ 風ニモマケズ・・・東ヘ、西へ

復興ボランティア タスクフォース


 2004年11月、中越地震の報に接し、かって住んでいたことのある地区の様子が気がかりで、代表の高田氏は長岡へ車をとばした。惨状を目の当たりにして、これは大変なことだとショックをうけ、もとの生活を取り戻すには、多くの人の助けが必要だ、という村長の言葉を実感した。

 これを機に高田氏は災害復興を目的とする任意団体を設立。中越には10回ほど、東日本被災地へも地震直後からおよそ30回以上は出かけた。琵琶湖の流木撤去、山形県船形町での除雪作業などにも携わった。

 復興支援活動は多岐にわたる。技能をもった人がいれば鬼に金棒。特に、下敷きになった人の救出や倒壊した建物の修理解体、倒木の片付けにチェーンソーの使用は不可欠。そのため、毎年、多摩川の河川敷でチェーンソー講習会を開催している。

 高田氏はじめ会員は平日には仕事があり、活動はおもに土日祭日。仲間と車に分乗し被災地へ向かう。遠征は東北・北陸・近畿におよび、平均2ヶ月に3回程度。みんな手弁当だが被災者のことを思えば苦にならない。

 「困っている人たちがいる、力になりたい」。止むにやまれぬ思いで東へ西へと車を走らせる。「共感と行動、それがひいては我が身の防災につながる」が高田氏の持論だ。

復興ボランティア タスクフォース
多摩川河川敷でのチェーンソー講習会
 
  2016-02-15
復興ボランティア タスクフォース
代 表:高田(たかだ) 昭彦(あきひこ)
連絡先:Tel.090-3804-9824
設 立:2005年6月
会 員:10名(男性7名・女性3名)
会 費:なし
活動日:不定期
活動場所:被災地など
     そのほか 支援参加者募集中
取材・文 飯田保幸
[一覧表に戻る]

あさお区民記者

〒215-0021
川崎市麻生区上麻生1-11-5

TEL 044-951-6321

copyright©2015 ASAO Kumin Reporters all rights reserved.