本文へスキップ

区民の視点で情報発信 ASAO Kumin Reporters

取材記事article

明るくきれいな街を目指し奮闘中
落書きを見かけたらぜひご一報を

あさお落書き消し隊


 かつての新百合バスターミナル周辺には落書きとハトの糞が氾濫していた。この惨状を目の当たりにした新百合ヶ丘駅周辺景観形成協議会と麻生まちづくり市民の会は2005年「あさお落書き消し隊」(以下隊という)を結成。

 隊は先行する下北沢の落書き防止対策実行委員会の指導を受け、商店街など地域を巻き込んで落書き消しを展開し、駅周辺の落書きはあらかたなくなった。

 そこで、隊はこの活動を区内全域に広めたいと考え、2007年、経験豊かな隊員を講師として地域に派遣するシステム「出前落書き消し」をスタートさせた。

 新百合ヶ丘駅の住宅街のど真ん中、白い塀に黒ペンキでかかれた仏頂面[ビフォー]が。参加したご近所のお母さんは「子どもがこの絵に怯えるので、まわり道をしている」と迷惑していると。作業はマスクとゴム手袋をつけ、スプレーによる溶剤の噴き付けからはじまる。20秒もするとどす黒い液体が滴り落ちる。ウエス(ぼろ切れ)で素早く拭い取る。ポイントは下地の塗料、乾燥した後の色調変化の見極め。塗装はムラが出ないよう全面に軽く刷毛を運ぶ。80分ほどで作業は終了。

あさお落書き消し隊
百合ヶ丘駅前に集合。説明を受ける隊員

あさお落書き消し隊
麻生警察署も協力。コンクリートの壁はペンキで

あさお落書き消し隊
駅前ロータリーにあるベンチの落書きも

あさお落書き消し隊
完全には消えませんが
  [取材後記へ]
  2016-02-15
あさお落書き消し隊
隊 長:白井(しらい) 勇(おさむ)
連絡先:吉田(よしだ)謙司(けんじ)
Tel.090-4923-0002
設 立:2005年8月
会 員:12名(男性9名・女性3名)
会 費:なし
費 用:個人負担なし
活動日:不定期
活動場所:新百合ヶ丘駅周辺を中心に
     麻生区内全域
取材・文 植木昌昭
[一覧表に戻る]

あさお区民記者

〒215-0021
川崎市麻生区上麻生1-11-5

TEL 044-951-6321

copyright©2015 ASAO Kumin Reporters all rights reserved.