本文へスキップ

区民の視点で情報発信 ASAO Kumin Reporters

あさおふれんずasao friends

’あさおオモチャとしょかん’って何だろう?
おもちゃでいっぱい遊べる場所

あさおオモチャとしょかん


 わが子が初めて出会うおもちゃに目を輝かせ遊ぶ時、親もまたその様子を見守るのは楽しい。だが、購入となると容易ではない。そんな時に、無料で利用できる“あさおオモチャとしょかん”は便利である。

 麻生区役所柿生分庁舎で開かれる“あさおオモチャとしょかん”では、おもちゃを自由に手に取り、好きなだけ遊ぶことができる。乗り物はスポーツカーからクレーン車など車種も充実。ままごとができる大型ダイニングセット、布製の手作りのおもちゃ、小型ボールプールなど様々なおもちゃが200個ほど用意されている。

 最近の利用者はほとんどが1歳から2・3歳の子どもたちだ。この時期は親も子どもから目を離せず大変な時期。子育ての大変さも知っているボランティアさんは「上の子の手を引き、赤ちゃんを抱っこして来られたお母さんには、‘赤ちゃんを抱っこします’と声をかけています」と言う。上のお子さんとゆっくり遊んで欲しいという配慮からだ。おもちゃに大喜びして遊ぶわが子の笑顔を見ながら、お母さんもまたほっと一息、元気をもらう場所になっている。

 “あさおオモチャ図書館”は障がいがある子も、ない子も、おもちゃとふれあい楽しく過ごすことを願い1985年に設立。地域のボランティアによって運営されてきた。月に4回開館し、無料で利用でき、貸し出しも行っている。ぜひ親子で参加し、おもちゃを通してふれ合いを楽しんでほしい。

 子ども大好きなボランティアさんも募集中。


あさおオモチャとしょかん
ボランティア体験の小学生たちと

あさおオモチャとしょかん
麻生区主催の‘子育てフェスタ’のにぎわい

あさおオモチャとしょかん
サンタからよい子にプレゼント(クリスマス会にて)

 
  2016-08-01
あさおオモチャとしょかん
代 表:中島(なかじま) 久幸(ひさゆき)
連絡先:Tel.044-952-5500
(麻生区社会福祉協議会)
設 立:1985年6月
会 員:ボランティア11名
   (男性:1名、女性10名)
対 象:未就学児童(一人座りができること)
活動日:毎月第1木曜 13時30分~16時
      第3木曜 10時30分~12時30分
           13時30分~16時
活動場所:麻生区役所柿生分庁舎

取材・文 但木かこ
[一覧表に戻る]

あさお区民記者

〒215-0021
川崎市麻生区上麻生1-11-5

TEL 044-951-6321

copyright©2015 ASAO Kumin Reporters all rights reserved.