本文へスキップ

区民の視点で情報発信 ASAO Kumin Reporters

取材記事article

近くで音を体感 はじける笑顔

シャルメ


 フランス語で“魅力・魔法”を意味する「シャルメ」。会の名前には「大人も子どもも、音楽の力で異空間にトリップしてほしい」という思いが込められている。

 クラリネット奏者の松下宏美さんと、ピアニストの池田美奈子さんが「シャルメ」を立ち上げて8年目になる。演奏曲はクラシックが主だが、映画やミュージカル曲、童謡など幅広く、トークを交えての演奏が楽しい。

 2009年から年2回、麻生市民交流館やまゆりで、「シャルメと季節を巡る親子コンサート」を続けている。この日のコンサートでは、「千と千尋の神隠し」より「いつも何度でも」などを演奏。毎回、企画している「楽器体験コーナー」では、子どもたちが、ホルンの管の長さに見立てた4mのゴムホースで音を出すことに挑戦した。ピアノ演奏では、池田さんに触れるくらいそばで、響く音を体感した。

 松下さんは、特に耳の発達する幼少期は、音楽をいっぱい聴いてほしいと思っている。「このコンサートで、親子が生の音や奏者の息づかいを体感してもらい、感動を共有していただけたらうれしいです」。

 2015年現在では、大人も一緒に楽しめるコンサートへと発展しているようだ。

シャルメ
家族47人の親子が本物の音をまぢかで聴いた
(親子コンサート 麻生市民交流館 やまゆり)
 
  2016-02-15
シャルメ
代 表:松下(まつした)宏美(ひろみ)
連絡先:Tel.044-976-9322
    klahiro0707@gmail.com
設 立:2007年4月
会 員:5名(女性のみ)
参加費:コンサートごとに要問合せ
ひと家族 800円程度
活動日:不定期
活動場所:麻生市民交流館やまゆり など
取材・文 石﨑純也
[一覧表に戻る]

あさお区民記者

〒215-0021
川崎市麻生区上麻生1-11-5

TEL 044-951-6321

copyright©2015 ASAO Kumin Reporters all rights reserved.