本文へスキップ

区民の視点で情報発信 ASAO Kumin Reporters

取材記事article

箏の演奏を通じて、子どもたちに日本の伝統文化を受け継ぐ

グループ奏


 「ビバ!かがやく子どもたち」の集いでの着物姿の子どもたちの演奏で、「やまゆり」はみやびな雰囲気に包まれた。「さくら」「荒城の月」など6曲を演奏し、喝采を受けた。我が子をビデオカメラで撮る親御さんの姿も見られた。そのあと箏を体験するコーナーがあり、日ごろ触れる機会のない聴衆も、子どもたちから爪のはめ方、糸の弾き方など丁寧な指導をうけ、絃をはじく。

 本団体は日本の伝統文化を活性化する文化庁「伝統文化親子教室」委託事業に参加。設立以来、1月の成果発表会、やまゆりイベント、6月の麻生音楽祭に参加。また小・中学校の体験授業にも参加。

 一番の悩みは奏者と聴衆が入れる広い発表会場の確保。また尺八以外の楽器とは音域や音程が異なり合奏が難しいため、コラボが体験できないこと。代表者の谷口さんは、「子どもの頃から箏に親しむことで、大人になってから趣味の芸ごとにつながり、ひいては日本の伝統文化の活性化につながってほしい。思いは‘成長してからの芸ごとにつながること’です。」と熱く語った。

グループ奏
♪会場は箏の音色であふれた♪

グループ奏
坊やおまく弾けましたか?
 
  2016-02-15
グループ奏
代表者:谷口(たにぐち)恵美子(えみこ)
連絡先:Tel.044-988-1320
設 立:2002年1月
会 員:55名(男子2名・女子53名)
会 費:グループレッスン
    5~1月の期間中親子教室参加者無料
    2~4月 1回:1200円
活動日:隔週土曜
    13時30分~17時30分
活動場所:新百合教室
     ※ほかに自宅(麻生区栗平)での個人レッスン
      あり [毎週金曜9時30分~終日、会費3000
      円/回 入会費5000円]
取材・文 中島久幸
[一覧表に戻る]

あさお区民記者

〒215-0021
川崎市麻生区上麻生1-11-5

TEL 044-951-6321

copyright©2015 ASAO Kumin Reporters all rights reserved.